FC2ブログ

てれドラぶろぐ

テレビドラマ研究家の管理人が語るドラマなどの話題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「ユリイカ」2012年5月号 「特集=テレビドラマの脚本家たち」に寄稿しています

 申し訳ないことに長らくブログの更新が疎かになっていますが、今後も少しずつになるかも知れませんが、テレビドラマに関する文をアップさせていきたいと思っておりますので、ご高覧のほど、よろしくお願い申し上げます。

 近況ですが、現在発売中の二冊の雑誌にテレビドラマに関する文章を寄稿させていただいております。

 まず、ご紹介するのは、4月27日に発売された「ユリイカ」2012年5月号(青土社)です。
 特集は「テレビドラマの脚本家たち」。

 以下のようなラインナップになっています。

--------------------------------------------------------------------------------
「ユリイカ」2012年5月号
特集*テレビドラマの脚本家たち
  

【日常を異化する】
カンヴァセーション・ピーシズ 岡田惠和の恐さとは何か / 岡田惠和 [聞き手=成馬零一]
岡田惠和論 まだ恋は終わらない / 成馬零一

【エッセイ】
台本を投げるな / 堀川とんこう
テレビドラマに春が来た / 桧山珠美
書く動機 / 中江有里

【開拓者たち】
向田邦子 『家族熱』 ノート このドラマにおける主役は? / 高橋行徳
山田太一、あるいは 「愚痴の公共圏」 の可能性 / 長谷正人

【テレビドラマにできること】
テレビドラマの真ん中で / 坂元裕二 [聞き手=岡室美奈子]
水面に石を投げる 遊川和彦のドラマ世界 / 藤田真文
バラエティなドラマたち 放送作家のテレビ的冒険 / 太田省一
テレビドラマ、この密なるもの / 古崎康成

【徹底討議】
私たちがつくるドラマ史 トレンディドラマから 『カーネーション』 まで / 渡辺雄介×岡室美奈子×宇野常寛

【「愛」 についてのはなし】
解放の呪文はいかにして唱えられてきたか 木皿泉と 「愛」 の問題 / 宇野常寛
フィクションの力 連続テレビドラマ脚本家・渡辺あや / 石田美紀
野島伸司の確信犯的疾走 / 中町綾子

【予想不能な人間喜劇】
メタドラマの技法 テレビは娯楽の王様なのか? / 宮藤官九郎 [聞き手=岡室美奈子]
宮藤官九郎は 「普通」 を目指す ツッコミとフィクションの力 / 岡室美奈子
多層化するモノローグ 劇作家がドラマ脚本に重用されるワケ / 木俣冬

【対談】
ドラマな関係 脚本家とプロデューサーの幸福なマリアージュ / 大森美香×山口雅俊

【ドラマ豊饒の時代】
人間を描くためのディシプリン / 西田征史 [聞き手・構成=泊貴洋]
アンチ・ながら見! 古沢良太の熱と志 / 泊貴洋

【資料】
テレビドラマを楽しむためのキーワード集 / 古崎康成

--------------------------------------------------------------------------------
 どうです?すごいラインナップでしょ。雑誌の特集といってもかなりの分量ですよ。しかも読み応え満点。

 この中で私は、「テレビドラマ、この密なるもの」という論考と「テレビドラマを楽しむためのキーワード集」を執筆させていただいております。

 私の書いた2文について簡単に。

 まず、論考「テレビドラマ、この密なるもの」では、草創期から現在までのテレビドラマの形態を概観して、テレビドラマがどう変化してきたのかを、「演劇」「ラジオドラマ」「映画」という周辺メディアとの関係性から分析しています。その上で、これからのテレビドラマに求められているものは何かを語っております。
 この内容、私自身、長年、考えをめぐらせてきたテーマでしたが、なかなか書く機会がありませんでした。

 これまで書いてきたいろいろなドラマ論の文章中には今回書いた論考が土台になっているのですが、なかなかこの根幹部分を語らせていただける機会がありませんでした。
 テレビドラマの文章で最も受けるのは、やはり、具体的な特定の脚本家や演出家に関する論考や特定のドラマの分析なのですね。
 そういう作家論とか特定ドラマの分析について書かせていただく機会はこれまでありがたいことにたくさんいただいけていたのですが、そうした文章の根幹を支えるドラマ観のようなものは、やはり地味であり、発表させていただける媒体がなかったのです。
 今回、「ユリイカ」さんから、何か書いてほしいという打診をお受けしたとき、ぜひとも総論を語らせてほしいとお願いしました。今回、こういう地味な文章を書かせていただけたユリイカ編集部にはとても感謝しています。

 もう1本の「テレビドラマを楽しむためのキーワード集」はテレビドラマが好きな人がテレビドラマを見るうえで知っておいて役に立つ小ネタをキーワード集の形で紹介しております。これまで、この手のキーワード集はたとえば脚本家志望者やテレビ業界就職希望者向けといったものはあったのですが、そうではなくて純粋に「テレビドラマ」を視聴者として楽しんでいるファンの方々が役に立つものとなっています。

 と、まぁ、私の書いた原稿2つはいずれも地味で、多くの人にとってはあまり面白味もないものなのですが、私以外の書き手の皆さまは実に盛りだくさん、様々な視点からテレビドラマの作家論から時代分析まで様々な興味深い論考を展開されております。お値段は1300円と雑誌としてはやや高価ですが、テレビドラマを愛する人なら決して損ではない内容となっております。

 ぜひ手にとってごらんいただければと存じます。

ユリイカ2012年5月号 特集=テレビドラマの脚本家たちユリイカ2012年5月号 特集=テレビドラマの脚本家たち
(2012/04/27)
岡田惠和、坂元裕二 他

商品詳細を見る

PageTop

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

2012-05-11 (Fri) 15:24


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。