FC2ブログ

てれドラぶろぐ

テレビドラマ研究家の管理人が語るドラマなどの話題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『SPEC スペック』は、良くできた「バビル2世」のような作品

 10月期の連ドラも最終回を迎えつつありますがいかがお過ごしでしょうか。

 この10月期のドラマはいずれもなかなか面白い。とりわけここへ来てどの作品も「最終回一歩前」がものすごく盛り上がっています
 まずは『Q10』。訳あってまだ最終回は未見の状態でして、今、その一歩前のところまで見ているのですが、ここまでが素晴らしい。
 あるいは『流れ星』。これも今どき珍しいゆったりした展開が心地よく、最終回一歩前で最高潮の盛り上がりを見せてくれています。

 そんな風にどのドラマも最終回直前で大きな盛り上がりを見せてくれている中、とりわけググッと盛り上がっているのが『SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』だったりします。

 開始当初から、意外性の連続で、毎回見逃せない状態でここまでやってきました。ずいぶんと楽しませていただいてきました。
 ただ、率直に申し上げると、毎回、けっこう楽しみに視聴しつつ、「果たしてこのテンションでどこまで話を盛り上げていくことができるのだろう」「ラストまでこの面白さのトーンを維持していくことは難しいだろうな」「いずれどこかでお話は破綻するのではないだろうか」などと、ドラマの展開の先行きについて漠然とした危惧が頭をよぎっていたのも事実だったのです。

 ですが、最終回一歩前に至って、そういう不安はまったく感じさせません。心配を一掃してくれています。といいますか、むしろますます作り手のテンションは上がりまくっている、という印象です。そのテンションの高さが空回りせず、むしろ効果的な方向に作用しているように見えるのです。

 前々回あたりでEXILEが出てきたあたり、思わず唖然とさせられました。普通なら、こういう特別出演は本筋と関係ないところで冗談程度で出すのが定石なのに、本作ではEXILEがストーリーの中の重要な役割を果たしてしまったわけで、ここに至って、もはや「現実」と「ドラマの中の世界」、そして作り手の「遊び」とが見事にギリギリの所で併存できて何とか「白けてしまう」こともなく成り立ってしまいました。そして、その見事さにも驚かされ、唸らせてくれました。
 さらにお話はグングンと想像を超えてエスカレートしてついには超能力で人間を「殺す!」という描写が、「ダルマさんになる」描写になっているという物凄いシュールな世界が平然と劇中で成り立ってしまっているのです。(この回から見はじめた人は愕然とされているのではないでしょうか(笑))

 時間の進行を極限まで遅くさせる超能力を持つ一十一(ニノマエ ジュウイチ)(神木隆之介)と、当麻(戸田恵梨香)・瀬文(加瀬亮)との闘いも最高潮。前回ラストで、ニノマエが時間を(ほぼ)静止させていたはずのシチュエーションで、戸田恵梨香がニヤッと笑ったところはまさに、オオッと驚かされる展開でありました。
(余談ですが、「一」と書いて「ニノマエ」と読ませるのはこのドラマだけの「常識」ではないのですね。今、「ニノマエ」と打って漢字変換するとちゃんと「一」と出ました。)

 当初は『ケイゾク』を下敷きにしたお話ということで、それとの関連を興味持って見ていましたが、今は『ケイゾク』とはまったく別物の面白さで見せてくれています。

 すいません。どうも即興の感想のようなものしか、このドラマについては今のところ、言葉が湧いてきません。ですが、まさしくこういう素朴な感覚が湧いてくることがこのドラマの魅力なのだと思います。ある意味、良くできた「バビル2世」のような作品なのです(笑)
 この最終回の一回前の段階で、ここまで盛り上げてくれて最終回をワクワクと待っている、今のこの気持ちは忘れてはいけません。これこそがこのドラマの魅力なのです。ドラマというものは最終回の成否だけで決まるものではないのです。こういう、最終回に至るまでの各回で抱いた毎回のワクワク感というものが大切なように思えるのです。

SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 Blu-ray BOXSPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 Blu-ray BOX
(2011/03/23)
戸田恵梨香、加瀬亮 他

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。