FC2ブログ

てれドラぶろぐ

テレビドラマ研究家の管理人が語るドラマなどの話題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今ごろですが、テレビドラマデータベース2010年4月期ベスト5決まりました

 ここしばらく、新クールの準備で忙しく、ブログ更新が遠ざかっておりました。申し訳ありません。

 テレビドラマデータベースでは、1997年からサイト閲覧の皆さまの投票による年間ベストテンを募集しており、2009年度ベストテンで13回目を重ねました。
 そして、この年間ベストテンとは別に、各クールごとにベスト5を募集してきました。開始は1998年1月期。以降、この2010年4月期まで3ヵ月ごとに順位を決定しています。こちらもすでに13年目です。

 今回、やや遅くなりましたが2010年4月期のベスト5投票の集計が終了しました。遅ればせながら結果をご紹介してみましょう。なお、1月期まで掲示板(http://6329.teacup.com/drama/bbs)での投票と投票システム(http://www.tvdrama-db.com/best.htm)での投票結果と別々に公表しておりましたが、今回から統一して合算したものを1本の集計結果として出しております。
 順位は以下の通りです。


★★★テレビドラマデータベース2010年4月期ベスト5★★★

1位 新参者(TBS)146ポイント
2位 MOTHER(日本テレビ)145
3位 八日目の蝉(NHK)107
4位 チェイス~国税査察官~(NHK)65
5位 同窓会~ラブ・アゲイン症候群~(テレビ朝日)55
------------------------------------------------------------

以下選外

6位 臨場(2)(テレビ朝日)41
7位 ハガネの女(テレビ朝日)39
8位 絶対零度~未解決事件特命捜査~(フジテレビ)32
9位 チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋(関西テレビ)31
10位 ゲゲゲの女房(NHK)29

 と、まぁ、こんな感じですけど、この順位、いかがでしょうか。


 1位は、『新参者』。
 投票開始から一貫して『MOTHER』がリードしていたのですが、ラスト、投票終了直前にドドッと「『MOTHER』に投票しない人の投票」が出まして、5位あたりの下位で『新参者』に入れる人が積み重なって、なんと最後の最後でわずか1ポイント差で『新参者』が1位に滑り込みました。
 このあたり、どのように解釈していいのか。『MOTHER』は1位に推す人も多い一方、まったく無視したり、あるいは拒否する人がいらっしゃったことが最後で僅差での2位につながった面があるようです。

 ちなみに投票結果の詳細はこちらhttp://www.tvdrama-db.com/best10result/p/id-30 )。ランクインした作品に対する各人の投票時のコメントなどもご覧頂けます。

 あと、ちょっと気になるのがフジテレビのドラマが5位までに1本もランクインしないという結果になった点です。かつてのドラマ王国からみるとちょっと寂しい結果で、徐々にステーションとしてのドラマ制作力に凋落の傾向が出ているのかどうか。確かに、ここしばらくフジテレビのドラマはもう一つ元気がない。昔ならドーンと最後まで勢いよく引っ張っていく「力強さ」が足りないような気もいたします。
 単に今クールのみの一過性の出来事なのか。今後に留意して参りたいと存じます。

 さて、テレビドラマデータベースでは引き続き、2010年7月期のベスト5の募集をはじめようとしています。よろしければ本ブログをご高覧くださっている皆さまも投票をご検討願えればありがたいです。開始時に追って本ブログでもお知らせ申し上げますのでよろしくお願い申し上げます。

新参者 DVD-BOX新参者 DVD-BOX
(2010/10/06)
阿部 寛黒木メイサ

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。