FC2ブログ

てれドラぶろぐ

テレビドラマ研究家の管理人が語るドラマなどの話題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

脚本家、山元清多さんが遺したTBSドラマの数々

 脚本家で劇団黒テントの山元清多さんが死去されました。

---------------------------------------------------------------
http://www.asahi.com/obituaries/update/0913/TKY201009130261.html
朝日新聞「asahi.com」より引用

「がばいばあちゃん」など脚本 劇作家山元清多さん死去
2010年9月13日19時24分

 劇団黒テント所属の劇作家演出家で、「カミさんの悪口」など多くのドラマ脚本でも知られる山元清多(やまもと・きよかず)さんが12日午後4時18分、肺がんのため、東京都内の病院で死去した。71歳だった。通夜は16日午後7時、葬儀は17日午前11時から東京都新宿区南元町19の千日谷会堂で。喪主は妻の俳優稲葉良子(本名山元良子〈やまもと・りょうこ〉)さん。連絡先は劇団黒テント。
 東京生まれ。東京大学在学中に芝居を書き始め、六月劇場に参加。1968年に黒テントの前身の演劇センター68に加わった。
 舞台では、73年の「さよならマックス」や83年に岸田国士戯曲賞を受賞した「比置野ジャンバラヤ」などの戯曲を書く一方で、ブレヒト作品などを独自の視点で数多く改作。「こんにゃく座」のオペラや、江戸糸あやつり人形芝居結城座などの脚本も手掛け、幅広い分野で活躍した。演出作品も多い。
 テレビドラマも数多く執筆した。主な作品に、連続ドラマ「ムー一族」「青が散る」「はいすくーる落書」「カミさんの悪口」シリーズなどがある。
 ビートたけし主演「説得 エホバの証人と輸血拒否事件」(93年)、緒形拳主演「ディア・フレンド」(99年)、田村正和主演「そうか、もう君はいないのか」(09年)などの単発ドラマも手がけた。映画脚本は「佐賀のがばいばあちゃん」(06年)などがある。
---------------------------------------------------------------

 山元清多さんは不思議な脚本家でした。作風とかではなく、書くテレビドラマ脚本はTBSのドラマがそのほとんどなのです。

 今回、改めて「テレビドラマデータベース」で山元さんの作品を検索すると、49作品がヒットします。

山元 清多 - テレビドラマ人名録 - ◇ テレビドラマデータベース ◇

 この49作品のうち、実に42作品がTBSのキー局によるドラマです。残り7本もTBS系のMBSのキー製作だったり、TBS出身の久世光彦さんほかが他局で作った作品であり、実質的にはほぼ大半がTBS系統の作品といって過言ではない密着ぶりです。


 こういうTBSに特化した密着ぶりを、「ヤマゲンさん(山元さんの愛称)はTBSに行くと巨匠だ」と、評する人がいたほどです。山元清多氏の芝居にはTBS関係者が多く鑑賞に訪れるとか、TBSから大きな花が届けられる、などとも言われてきたのです。
 いったいぜんたい、何ゆえ、TBSばかりに作品を出されていたのか。TBSのスタッフだけがなぜ山元清多さんに傾倒されていたのか。ひょっとすると過去のどこかの時点で何らかの特別な関係がTBSと存在したのか。
 私にはそのあたりの経緯はさっぱりわかりません。結局その謎は明らかにならないまま、お亡くなりになってしまわれたことになります。

 TBSで制作した作品をながめても特定の演出家やプロデューサーとだけ作品を数多く手がけられたわけでもなく、久世光彦さん演出のドラマであったり、鴨下信一さん演出のドラマであったり、柳井満さんプロデュースのドラマであったり、はたまた八木康夫さんプロデュースのドラマであったりと、ほぼTBSの主要演出家やプロデューサーとお仕事をされているのです。やや久世さんとのお仕事が初期から晩年にいたるまでまんべんなく多い印象です。あ、石井ふく子さんとのお仕事はデータベースを観た限りでは見当たりませんね。

 今回、朝日新聞の記事を引用しましたが、これは最も朝日が山元さんの遺された仕事としてテレビドラマに触れた記述が多かったためです。他紙はほとんど黒テントの芝居の記述ばかりでテレビドラマの仕事への記述は申し訳程度の言及だったのです。まぁ、確かに黒テントでの芝居は世相的にも時代的にも記録として残るものでしょうが、テレビドラマでもかなり記憶に残る仕事が多かったということをぜひとも申し添えたいところなのです。記事に書かれている『ムー一族』『はいすくーる落書』『青が散る』以外にも例えば『パパとなっちゃん』、『愛するということ』、『蛍の宿』など一連の「向田邦子終戦特別企画」。これらはすべて山元清多さんの作品であります。

 「テレビドラマデータベース」の検索結果では、山元氏のテレビドラマにおける最終作品は、昨年放送された2時間スペシャル『そうか、もう君はいないのか』。田村正和さん主演、城山三郎原作のこのドラマは亡くなった妻への思慕を描いた佳編でしたが、山元氏の訃報に接すると、氏がラストを意識して書いたメッセージだったようにも映るのです。

蛍の宿 [DVD]蛍の宿 [DVD]
(2005/08/12)
岸恵子田畑智子

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。