てれドラぶろぐ

テレビドラマ研究家の管理人が語るドラマなどの話題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

脚本家、浅井達也さん死去

 新聞等の報道を見落としていたようで、脚本家の浅井達也さんが5月末にお亡くなりになっていたようです。

----------------------------------------------------
http://www.sanspo.com/geino/news/100528/gnj1005280008000-n1.htm
サンケイスポーツ「SANSPO.COM」より引用

シナリオライターの浅井達也さんが死去

2010.5.28 00:07

 シナリオライターの浅井達也氏(あさい・たつや)が27日、肝不全のため死去、70歳。通夜は31日午後6時、葬儀・告別式は6月1日午前11時、東京都渋谷区西原2の42の1、代々幡斎場。喪主は妻、登美子(とみこ)さん。
 映画「野良猫ロック 集団暴走’71」やテレビの刑事ドラマ「大都会PARTIII」や「西部警察」の脚本などを手がけた。
----------------------------------------------------

 今回の訃報は現在発売中の「月刊ドラマ」9月号の「トピックスコーナー」で知りました。

 浅井達也さんは記事にもありますように70年代の映画畑での仕事からテレビ映画の脚本に進出されたようです。

浅井 達也 - テレビドラマ人名録 - ◇ テレビドラマデータベース ◇

 テレビドラマデータベースによれば、1974年に『特捜記者 犯罪(やま)をおえ)』の第25話を執筆、その後、『太陽にほえろ!』の第135回「ある敗北」の脚本を共同で担当します。この仕事で石原裕次郎さんとの繋がりが生まれたのかどうか、以後、『大都会 PARTIII』や『西部警察』といった石原プロモーション制作のドラマの脚本を担当されました。テレビドラマデータベース上ではテレビドラマ作品での浅井達也さんの執筆はここまで。

 以降の消息についてあまり私は注意を払っていなかったこともあってか、知りませんでしたが、浅井さんのお名前でネット検索してみると、最近の浅井さんを知っている山岳関係の人が浅井さんの訃報を知り言及しているブログがヒットいたしました。↓

ゆずり葉と共に去りぬ<浅井達也氏の事> 井上進のいのうえすすむ的心/ウェブリブログ

 最近の浅井さんは山登りを趣味とされていたのでしょうか。

 『大都会 PARTIII』や『西部警察』というのはいずれも著名作品であり、気楽に見る分には大いに面白いドラマだと思うのですが、私にはこれらのドラマについて、どうもあまり「脚本」という部分、あるいはその書き手である「脚本家」に留意を払ってこなかった面があります。
 とはいえ、この時代のこうしたたくさんの刑事アクションの明朗簡潔さを支えた脚本家の仕事というものに、もっと留意していいのかも知れませんね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。