てれドラぶろぐ

テレビドラマ研究家の管理人が語るドラマなどの話題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

女優、南美江さん死去

 女優の南美江さんが亡くなりました。

----------------------------------------------------
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100807-OYT1T00600.htm
読売新聞「YOMIURI ONLINE」より引用

気品ある老婦人役「演劇集団円」の南美江さん死去

 「演劇集団円」の創立メンバーで、気品ある老婦人役などで映画、テレビドラマでも活躍した女優の南美江(みなみよしえ)(本名・南波房江(なんばふさえ))さんが6日午前4時、肺炎で亡くなった。
 94歳だった。告別式は9日午前11時、東京都練馬区小竹町1の61の1江古田斎場。喪主はおい、打木宏(うちきひろし)氏。
 1933年に宝塚少女歌劇団に入り、男役で活躍したが、強まる戦時色を嫌って41年に退団。文学座に入り、舞台やラジオドラマなどで活躍。63年の退団後、劇団NLTなどを経て、75年に演劇集団円を結成。坂東玉三郎さんが主演した泉鏡花の舞台や、別役実さんの作品などで精力的に活動した。83年に「サド侯爵夫人」で紀伊国屋演劇賞。88年に勲四等瑞宝章。
 映画「Wの悲劇」「外科室」、ドラマ「ムー」「ノンちゃんの夢」などでも脇役として存在感を発揮した。2001年の「当世風雨月物語」が最後の舞台となり、近年は養護施設で暮らしていた。

(2010年8月7日18時16分 読売新聞)
----------------------------------------------------

 またひとり、戦後の日本のテレビドラマ、演芸、映画を支えた女優が亡くなられたことになります。
 南美江さんは凛とした役柄を得意とする一方で、ときおりちょっと抜けたようなひょうきんさもかいま見せる重層的な人間像を演じるのがうまかったような気がします。
 記事中にもありますように、南美江さんはドラマ『ノンちゃんの夢』でもヒロインを支える役として印象に残りますが、私にとって最も印象に残る南美江さんの役柄といえばやはり『俺たちの旅』(1975 NTV)での、秋野太作(当時、津坂まさあき)の母親役でしょうか。厳格な教育方針で知られた母親の役で、ある日、久々に東京にやって来て、伸六(秋野太作)を叱咤する役柄でありました。しかし、伸六の周囲の面々、カースケ(中村雅俊)やオメダ(田中健)などの擁護もあり、徐々に伸六の優しさや人間らしさという、良い面を認めるようになる役柄だったと記憶しております。母親に柿を贈ろうと、家の軒先の柿を、カースケたちに肩車をしてもらいなんとか手に入れ、いったんは激怒する母親ですが、ラストでその柿を美味しそうに食べるシーンが印象に残ります。

俺たちの旅 Vol.1 [Blu-ray]俺たちの旅 Vol.1 [Blu-ray]
(2010/01/27)
秋野太作名古屋章

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。