FC2ブログ

てれドラぶろぐ

テレビドラマ研究家の管理人が語るドラマなどの話題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

俳優、高津住男さん死去

 前記事で、訃報に関する話題をしたばかりですが、訃報です。
 俳優の高津住男さんが亡くなりました。74歳。

-----------------------------------------------------
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201008070047.html
朝日新聞「asahi.com」より引用

真屋順子の夫、俳優高津住男さんが死去
2010年8月7日

 女優真屋順子(68)の夫で俳優の高津住男(たかつ・すみお)さん(本名同じ)が7月31日午前1時20分、肝臓がんのため東京都板橋区の自宅で死去していたことが6日、分かった。74歳。徳島市出身。葬儀・告別式は行わず、親族による密葬が4日に営まれた。施主は長男健一郎(けんいちろう)氏。
 健一郎氏によると、昨年12月に自宅で倒れ、緊急入院して検査をした結果、すでに末期の肝臓がんだったという。その後、入退院を繰り返し、6月中旬には自宅療養をしながら7月27、28日には主演として本番の舞台に立ったという。その3日後、健一郎さんの手を握って亡くなった。近くの部屋にいた真屋を呼びに行く時間もなかったという。
 高津さんは61年に映画デビュー。ドラマ「なかよしケンちゃん」などに多数出演、劇団樹間舎を設立した。00年に脳出血で倒れた妻の真屋の世話を懸命に行い、復帰を支え、その体験などを題材に、夫婦で講演活動も行っていた。

-----------------------------------------------------

 「テレビドラマデータベース」で高津さんの出演作品を検索すると、1960年の『剣豪列伝(第8回)剣士孤独』を手始めに2001年の『土曜ワイド劇場/大惨事』まで、実に140本以上ヒットします。

高津 住男 - テレビドラマ人名録 - ◇ テレビドラマデータベース ◇


 その出演作を眺めていると、いずれも地味な出演場面ばかりで、出演されていたのかな、と思えるドラマもけっこう多い。完全に脇役に徹しておられたのでしょう。人の良さそうな「好人物」の役柄が多く、とりたてて予定調和的な流れを中断させるような場面を演じるようなこともなかったような気がいたします。記事にもありますが、『ケンちゃん』シリーズなどでも人のいいお父さん役が板についておられました。
 デビュー当初はどうだったのか分かりませんが、実はこの人が真犯人だった、というような刑事ドラマがあればさぞや意外性抜群だったような気がいたします。そういう役柄がありましたよ、という情報があればぜひお教えください。

takatsu.jpg
高津住男さん (Copyright:劇団樹間舎)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。