FC2ブログ

てれドラぶろぐ

テレビドラマ研究家の管理人が語るドラマなどの話題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

連休中のドラマ視聴

 う~む。『上海タイフーン』もったいない出来だなぁ。
 悪くはないのだけどもっと面白くなりそうな作りをみすみす逃している気がしてなりません。
 言うは易く行うは難し、ですが、ドラマの作り手は劇中のキャラクターの呼吸とともに視聴者の気持ちの流れをガシッとつかまなくてはいけません。
 今、視聴者の感情がどのような状態にあるのか?
 およそ世の名作と呼ばれる映画やテレビドラマを観ていると、作り手が、視聴者である自分の感情を手に取るようにつかんで操っていることを自覚してしまうことがあります。そういうレベルに達するのはなかなか無理だとしても少なくともそういう意気は見せなくちゃ。


 視聴者のほうが先に分かっているのに作り手が延々とそれ以前のところで辛気くさい展開をしているということがよくあります。明らかに視聴者の目線を読み違っている演出家・脚本家がそこにいるわけです。どうもこういうのってNHKに多い気がするのですよね。
 もちろん芸術志向のドラマならそれでも構わないのだと思いますが、今回のは明らかに一般エンタテイメント的要素を求められているわけですからね。


 さて、DVDからブルーレイに移行したわけですが、思いもよらない操作性の悪さに驚いてしまいます。これはブルーレイゆえではなく、前のDVDレコーダーが東芝製でその融通の良さがあったためかも知れません。
 例えばですね。番組を録画中は再生できないのです。ハードディスクへ予約録画する設定にしておくと、その時間になったら再生中であっても強制的に再生は終了させられてしまいます。以後、録画が終わるまで再生は出来ません。
 前の東芝製DVDレコーダーだと平然と録画中でも再生できたのだけどアレは当たり前の機能ではなかったのですかね。あるいはブルーレイゆえの制約なのだろうか。それともシャープ製ブルーレイゆえの限界なのだろうか。

 そういえば、ここしばらく市販のDVDで購入した『マンハッタンラブストーリー』を再視聴していました。いやぁ、やはり面白いです。これを当時ベストワンに選定して投票したのは間違いではなかった、そのことを改めて確信しましたよ(笑)

 あと2年で2010年ですが、2000年以降の10年間を振り返って10年間の総合ベストテンでもやるなら必ずこのドラマを上位に入れるぞ!と誓ったのでした(笑)ひょっとすると1位かも知れませんよ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。