FC2ブログ

てれドラぶろぐ

テレビドラマ研究家の管理人が語るドラマなどの話題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

気になる「重箱の隅」をつついてみました(その1・『キイナ』編)

 ネットをながめていると、テレビドラマの細かい矛盾点などを指摘している人がいたりします。
 そういう文章をみていると細かいところの揚げ足取りなんかせずにもっと好意的に、鷹揚にみればいいのに、とか思ったりするわけです。

 ところが、私自身も見ているとたまにどうにも気になって仕方ないところが出て来たりするわけです(笑)

 例えば、『キイナ』。
 菅野美穂演じる主人公のキイナは、ひと目みたものをすべて記憶してしまうという能力の持ち主。図書館に行ってそこにある蔵書を次々と一ページずつ繰って一瞬目を通すだけですべてを脳にたたき込んでしまったりする。

 これって凄い能力だと思いませんか?
 これなら学校の勉強も受験勉強もさぞや楽だっただろうな、と思いますよね。

 学校教育なんて結局のところ暗記が中心なんですよね。大学入試だって考える力を問う問題を出す、なんていってるのは一部の大学だけで、難関私学の問題も、いまだに暗記さえ出来れば十分合格可能だったりするわけです。

 あれ?だったらヘンじゃない?

 あれだけ凄いスキャン能力を持っているなら試験の成績も良いわけで、キャリア幹部候補も夢ではなかったのではないのか?という気がしてきます。

 こういう疑問を出してみると、周りの人々からは恐らくキイナの能力というのは、記憶という点であまり持続しないのではないかという意見が有力でした。スキャンした「画面」の記憶はそれほど持続しないというのです。

 それでも例えば学校の期末テスト程度なら覚えてしまえそうですよねぇ。学校の成績は優秀だったとしたら推薦入試はいけそうですよね(笑)
 また、劇中のエピソードでは、交番勤務でたくさんの指名手配犯を捕まえたという業績がありました。記憶が持続しているゆえに出来た所業だと思えるのです。指名手配犯のリストをその都度ながめていたということでしょうか。

 そしてこれだけ長丁場のドラマなのですから、やはりそういう、キイナの技能の限界のようなところを一回ぐらいみせてほしい気がします。
 ソフトバンクの犬のCMで最近の結婚式バージョンでようやく「人間から最近、犬になってしまった」ことが台詞で説明されていました。ああいう説明は実は不可欠なのです(笑)
 まぁ、ソフトバンクCMの場合は妻役の女優さんから私は変態趣味ではないのでそういう説明をぜひとも付加して欲しいという希望が寄せられたのかも知れませんが(笑)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。