FC2ブログ

てれドラぶろぐ

テレビドラマ研究家の管理人が語るドラマなどの話題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

愛の劇場が終了



森尾五つ子シリーズが愛の劇場の最後飾る

 3月いっぱいで40年の歴史にピリオドを打つTBS系のドラマ枠「愛の劇場」の最後の作品となる「大好き! 五つ子」(23日スタート、月~金曜午後1時)の制作発表が、東京・赤坂の同局で行われた。同作品のシリーズは99年から、毎年夏休み時期に放送されていた。11作目となる本作品は、初めての冬の撮影。

 五つ子の母・桜井桃子を演じてきた森尾由美(42)は「愛の劇場が終わるのは寂しいけど、最後をやらせてもらうのは光栄なこと。プレッシャーはありますが、頑張ります」。父・桜井良介役の新井康弘(52)は「最後だけど、明るくやっています。毎年5月ごろの収録でしたが、長袖を着るとか今までと違う経験ができました。愛の劇場は終わりますが、また始まるのなら1発目でやってみたいですね」と話していた。
[2009年2月12日18時12分]

日刊スポーツより引用
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20090212-460036.html



 40年の長きにわたり続いてきたTBSの帯ドラマ枠「愛の劇場」がついにこの3月で終了のようです。この枠、数年前まで花王の一社提供枠だったこともあり、東海テレビ(フジ)の1時半と比べるとおっとりとしたテンポでマンネリズムに覆われていました。やはりといいますか、競争の世界に放り出されると数年しかもたなかったということなのですね。残念であります。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。