FC2ブログ

てれドラぶろぐ

テレビドラマ研究家の管理人が語るドラマなどの話題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ブルーレイ、流星の絆、スターウッドなどなど


 ウエスティンやシェラトンなどのホテルブランドを運営している「スターウッドグループ」の会員制度として「スターウッド・プリファード・ゲスト」というシステムがあります。以前、この日記に書いたとおり私はこの会員カードのホルダーだったのですが、先日、米国からゴールドカードが送られてきました。どうやら2008年中にスターウッド系のホテルを頻繁に利用したおかげでカードランクがグレードアップされたようです。写真のように従来、グリーン色だったカードがイラスト付きのゴールドに変わりました。
 特典としてはスターウッド系のホテルに宿泊する際は無条件で空室があれば部屋ランクを無料アップグレードしてもらえるなどのようです。一度、使ってみたいと思います。

 ここしばらくの日常ですが、先日届いたパナソニックのブルーレイディスクを使用するようになり、ブルーレイ2台体制となってようやく「新ドラマを録画しながら、前に録画したブルーレイを視聴する」ことが自然にできるようになりました。

 おかげで現在、未視聴だった10月ドラマを続々と追っかけているところです。その中では『流星の絆』が奇妙な味わいを感じますね。開始当初はどうもぎこちなかったクドカン節ですが、話がすすむうち、他の人には書けない独特の良さがでています。
 東野圭吾の原作をそのまま映像化しても新味はなかったでしょうがそこにクドカン的味付けを加えることにより小説とは別物の『流星の絆』が出来上がったような気がします。まだ原作は未読ですのであくまで類推なのですが。
 ところで、パナソニックとシャープ、どちらのブルーレイがいいのか?ですが、まだパナソニックは使用が慣れていないということもあるでしょう。今のところはシャープのほうが使い勝手はいいですね。画質では、DRモードという標準的なモードではどちらもいい勝負ですが、長時間モードでの比較では5倍モードで比べると圧倒的にシャープの画質が上です。
 今後はシャープを録画用、パナソニックを再生用としていくつもりです。DVDと違っているのは、機種間での互換性が極めて高そうだということ。シャープで録画して焼いたブルーレイをパナソニック側で再生しても高画質です。というわけで今のところシャープのほうに軍配があがります。ただ1台だけでは不便、ということは確かなようです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。